« 読書記録:芦原すなお 嫁洗い池 | Main | 本番終了! »

2005.07.03

南の島、それは夢か幻か

 やたらと忙しい週末が過ぎた。

 金曜日から社員旅行だったのである。トロピカルリゾートでのんびりするぞ~、というのがコンセプトの旅行だったはずだが、なんせ移動時間が長いうえに、みんな貧乏性だから精力的に遊ぶ遊ぶ。まああの真っ青な空、透明な海、目に鮮やかな緑と強烈な太陽に囲まれては、とうていじっとしておれないのはわかるが。

 標準の日程は二泊三日なのだが、私は日曜にちょっとした用事とアンサンブルの練習を抱えており、どっちも欠席できないんで泣く泣く2日めに帰京。でもせっかく行ったんだからと意地でも泳ぎには出て、無人島でお魚さんとたわむれては来たのでした。

 しかし金曜朝5時に起きて羽田に向かい、飛行機と船を乗り継いで離島に着いて、ゲームに熱くなって夜中まで飲んで騒ぎ、土曜は健康的に朝8時から海で遊び、おみやげ買い漁って夕刻には出立、帰京は真夜中。日曜日も早起きしてちょっとだけ頭を使い、翌週に控えたアンサンブルの演奏会のゲネプロをやって・・・
 ああ疲れた。

 行く前も東京は梅雨でぜんぜん南国気分は盛り上がらなかったのだけど、帰ってきてからも薄寒くて雨模様が続いている。1泊2日の、あの南国の凶暴なまでの日差しが夢か幻のよう。ていうか、慌しすぎて記憶がすっとんじゃってるというか。

 やっぱ南国は、1泊2日とか2泊3日とかでバタバタ行くとこじゃないよね・・・。せめて1週間は滞在しないと。
 ああ何もかも忘れてリゾートした~い!
 

|

« 読書記録:芦原すなお 嫁洗い池 | Main | 本番終了! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51445/4818134

Listed below are links to weblogs that reference 南の島、それは夢か幻か:

« 読書記録:芦原すなお 嫁洗い池 | Main | 本番終了! »